祭壇

葬儀で用いる祭壇は「葬儀檀」とも言います。かつて葬儀は、自宅での法要と、葬列を組んで葬場あるいは菩提寺に行っての法要という「二段構え」でした。この2つの法要が合体し、特に葬場あるいは寺院での葬儀の飾りが現在の祭壇の模型の原型になったとおもわれます。

参列があった当時、葬場や寺院の飾りは、柩の前に野机(野卓)と言われる小机を置き、白布で覆い、その上に三具足、位牌、供物を載せ、両脇に供花や供物、後ろには参列で用いた幡などの野道具を並べるといったものでした。寺院では内陣に柩を置くことはなく、外陣に柩を置いて葬儀を行いました。その小机が大きく、仏壇や盆棚のように段々になり、2段、3段と増えていきます。仏壇や寺院の荘厳(お飾り)をならってその檀を須弥壇と称する考えも出てきました。

柩は白木の輿に載せた形で安置されましたが、その輿が飾り物となり、棺前といわれるものになりました。棺前の後ろにおかれていた柩は、移動に便利なようにと祭壇の前部におかれ、棺前は完全な飾りになり、平等院をかたどるなどさまざまな飾輿が生まれるところとなりました。

戦後、葬儀の中心が告別式になると、立派な祭壇を飾ることが故人を弔うことだという考え方が生まれ、祭壇の大型化が図られるようなりました。祭壇メーカーがさまざまな祭壇を開発、商品化したことも今日の祭壇隆盛の時代を迎えた一因です。寺院側でも、宗派に合わせた荘厳を要請するようになりました。

現在、祭壇は個人を顕彰するためのものと理解されるようになり、故人の愛用品を祭壇に飾ることや、故人の人柄に合わせた生花祭壇なども流行するところとなっています。

 

しかしながら、宗教儀礼として葬儀を営むのであれば、仏あるいは神の導きによって死者をあの世に送ることがその基本になります。仏教葬儀においては、仏を供養することによって得られた功徳を死者に振り向けるという間接的な方法をとりますし、キリスト教式の場合、礼拝が中心ですがその対象は神です。したがって、仏教葬儀では中心に本尊を置き、また、キリスト教式などでは死者が礼拝の対象とならないようにすべきです。

つまり宗教儀礼としての葬儀の祭壇では、死者を礼拝の対象とするような荘厳は適当ではありません。宗教礼儀として行う以上、執り行う宗教、宗派の考えを尊重し、道具類もできるだけそれに合わせることが必要です。

一方、告別式では、死者と遺族・会葬者との別れが中心になります。ここでは、遺族・会葬者の死者への想いを何らかの形で祭壇にいかしたいと思うのも当然の感情です。したがって、祭壇を作るにあたっては、宗教者と遺族とがよく相談する必要があります。宗教儀礼の場であると同時に告別の場であるという二面性を常に意識しておかなければなりません。いわゆる無宗教葬においては、祭壇は、死者と死者に寄せる遺族・会葬者の想いによって構成されると考えればよいため、故人中心の祭壇作りを心がけるとよいでしょう。

 

祭壇のサイズはいまではさまざまのものが現れています。

標準となっているのは、間口が6尺、奥行が5尺、高さが3段で3尺、5段で4尺5寸です。小さな家用に間口が3尺あるいは4尺というものから、9尺、12尺といった大きなものまであります。また、奥行をあまりとらない祭壇も開発されています。

さいたま市 葬儀
ひかり会館での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940


近年の祭壇事情

ご葬儀で使用する祭壇は、大きく分けると「白木祭壇」と「花祭壇」になります。
宗派に限らず、今では多くの公営斎場には白木祭壇が常設であります。

ep22_01【白木祭壇の材質】
檜・・・岐阜県産
スプルス・・・北米・カナダ産
白松(蝦夷松)・・・シベリア・中国・北海道産
秋田蝦夷松、合板など。
基本的に北の方の樹木が多いようですね。
白木だけに、この白さを維持してゆくのも産地や樹木の種類で違ってくるのかもしれません。

また、祭壇を飾る彫刻は「手彫り」と「機械彫り」があり、近年ではほとんどの物が祭壇内に
電飾が付いており、内側より光る構造となっています。

ep22_02【花祭壇】
白木祭壇を使わず、故人様のお写真やお棺を囲むようにお花で飾ります。
各葬儀社でベースになる形をいくつか決めており、それによって大きさや価格が違います。

現在ではテレビで芸能人の葬儀に出てくるようなアートのようなものから、シンプルな家族葬まで幅広く多くの方がこの「花祭壇」を希望されるようになりました。
季節によって花の種類は多少変わりますが、最近では言葉は悪いですがいわゆる「使いまわし 」の白木祭壇よりも、一度限りの「花祭壇」を希望されるご遺族様も多くなってきました。