法華三昧と常行三昧

〇死者の減罪のための法華三昧

天台宗の宗祖最澄は812年、比叡山に法華三昧堂を建立し、法華三昧を日本

に初めて紹介しました。これを広めたのは、最澄門下の円仁だといわれます。

法華三昧は「法華懺法」とも言われ、法華経を読経することによってこの身

このままが清められる、罪障(極楽住生の妨げとなるもの)が消滅するという

考えから行われたものです。「三昧」は心を一事に集中して余念がないことを意

味します。法華三昧は本来、比叡山で「朝題目、夕念仏」と言われる日常修行

の一つでした。

三昧聖に法華経を唱えさせると死者の霊を清め、減罪し、地獄に堕ちないと

いう信仰が強まり、葬儀で重んじられ、死者供養や菩提(死者の冥福を祈るこ

と)のために用いられるようになったと言われます。減罪しないと地獄に行き

往生できないという不安がいかに強かったかがわかります。

法華三昧堂は三昧堂、法華堂とも呼ばれます。

〇念仏往生の常行三昧

天台宗でもう一つ重んじられたのが常行三昧です。阿弥陀仏の名を唱えなが

ら修行することで、後の浄土教の道を開くものでした。念仏によって往生を願

う常行三昧は、法華三昧による減罪と対になって信仰を集めたと言われます。

常行三昧の修行をするところは常行三昧堂、阿弥陀堂と呼ばれました。藤原

三代を祀った東北平泉の中尊寺金色堂も常行三昧堂の様式にならったものと言

われています。

〇三昧堂への納骨

法華三昧、常行三昧の流行により、天皇家や貴族は法華堂、三昧堂に納骨す

ることが多くなり、また死後に納骨するためにこれを建立するということが行

われました。こうしたことから、次第に寺院へ納骨するようになっていったと

思われます。

後に三昧堂は墓所、葬場を意味する語として使われるようになります。

さいたま市 葬儀
ひかり会館での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940