ミニ特集!!世界の葬儀事情・フランス編

今回はミニ特集として『世界の葬儀事情・フランス編』をお届けします!

フランスにおける葬儀の歴史は大きく3つの時代に分けられます。
(1)19世紀以前までのカトリック教会などの宗教組織が葬儀をとり仕切る時代
(2)1905年の政教分離の法律施行以後、自治体などの公的機関、また公的機関から委託を受けた一部の業者が独占的に葬儀を行う時代
(3)1998年の葬儀市場の自由化により、中小規模の葬儀社やそのグループの台頭

それぞれの時代における、葬祭業界の特徴は省略しますが、今回は上記の歴史を踏まえて次の点に注目しました。

1.市場の自由化により、新規参入が相次ぎ競争は激化。それにより葬祭サービスが向上、また葬儀単価が高くなった。
2.政教分離による、宗教離れから火葬が増加している。
3.フランスでは葬儀社の経営に許可が必要で自治体が管理を行っている。またディレクターには96時間のトレーニング(研修)が義務付けられている。

日本では価格競争による単価の低下が大きな問題となりつつあります。特にシンプルな葬儀においては、価格だけで判断されがちです。一方、価格を上げるためには人材育成が不可欠であり、そのための研修が義務付けられているというフランスの葬儀事情は非常に興味深く受け止められます。またカトリック教徒が7割近いなかで、宗教離れによる火葬の増加などは、日本においての宗教離れ、火葬の増加と本質的に結び付けられるものなのかと考えさせられます。