枕経、遺体処理、納棺

〇枕経

枕経の起源は、中世の浄土教の時代に、死の際にある本人と共に誦経、念仏した臨終行儀にあるといわれています。

仏教の場合、亡くなったらできるだけ早く檀那寺(真宗ではお手次寺)に連絡して僧侶にきていただき、枕飾りのできたところで読経していただきます。檀那寺が遠いときには、そこから紹介していただき、近くの僧侶にお願いすることもあります。

故人に対して読経してきかせるという考え方、または仏壇の内仏あるいは本尊に向かって読経するという考え方など、宗派により考え方が異なります。

枕経(枕づとめ)をあげていただくときには、喪服ではなく、通常の衣服を整えて出ればよいとされます。

枕経の後、葬儀の次第その他を僧侶と相談します。既に戒名(法名、法号)をいただいているときは申し出、そうでないときは個人の人柄などを話しておきます。

最近では、通夜のときに枕経をあげることも少なくありませんが、本来は死亡直後につとめます。

キリスト教の場合には、危篤、臨終のときから神父または牧師が立ち会うことが原則になっています。

〇遺体処置

一般的には、枕経の後、納棺します。しかし遺族によっては、一晩は自宅の布団に寝かせて、納棺は翌日に行うことを希望する場合もあります。遺体の状況や天候により、納棺をすぐしたほうがよいか、翌日までのばすことが可能か適切に判断するようにします。

納棺に先立って、湯灌、死化粧、遺体衛生保全(エンバーミング)などの遺体処理を施すことがあります。

〇湯灌

湯灌は、①昔ながらの湯灌、⓶湯灌業者による湯灌があります。

①昔ながらの湯灌

お湯をわかし、たらいに水を入れてとき、それにお湯を注ぎ、遺体を洗浄します。水にお湯を足すという、通常とは逆の方法で温度調節をするので、「逆さ水」と呼ばれます。近親者あるいは地域の住民により行われてきました。これは最近では病院で死後の処置がなされてくることが一般的になったため、行われることが少なくなりました。

⓶湯灌業者による湯灌

自宅巡回の老人入浴サービスから転じたもので、車に浴槽を積み込み、自宅を訪問して、あるいは民間斎場内の湯灌室にて湯灌のサービスを行います。こうしたサービスが流行したのは90年代に入ってのことです。一定の儀礼形式を踏み、布で遺体を隠し、シャワーで遺体を洗浄して、着替え、化粧までを施すものです。

湯かんを行う人の健康の問題、浴槽の水の廃棄処理の問題など公衆衛生上の配慮が必要です。また、これを行う場合には、内容の説明、料金の明示と遺族の同意は必要条件です。いずれの場合にしても、お湯の使用により、遺体の体内の菌を増殖させ、腐敗を促進するので公衆衛生上望ましくないとする医学専門家の指摘もあります。

〇エンバ―ミング(遺体衛生保全)

エンバ―ミングは、北米では南北戦争(1865年)のときに戦死者を遠隔の故郷に遺体のまま移送する必要性から一挙に普及し、現在では約9割の遺体に施されています。また、北欧・英国でも約7割に施されるなど国際的に一般的な遺体処理の方法です。海外へ遺体を送るときには、原則をしてエンバ―ミングする必要があります。

体内を固定して殺菌して公衆衛生上安全な状態にすると共に腐敗を止める、顔などを整え修復することにより遺族の悲嘆の心情を和らげ、遺体とのゆとりあるお別れを実現できる、という効果があります。特に事故・災害遺体や解剖後の遺体の修復においては必要性の認識が高まっています。

但し、処置のため血管や対空の小切開を行う必要性があることから、遺族に対して処置内容を説明して書面による同意書を得ること、遺体の尊厳とプライバシーに配慮した処置、必要な訓練課程を修了し認定を受けた技術者による処置が必要とされています。

また、廃液処理においても環境基準を遵守し、地方自治体の環境課への届出義務があります。

日本ではI F S A(日本遺体衛生保全協会)が自主基準を作成し、エンバ―ミング施設を構成や環境省へ届け出て行うことを取り決めています。

日本での本格的なエンバ―ミングは1988年に開始され、2002年には年間12,204体に施され、年々増加の傾向にあります。

処置の概要は次の通りです。

➊脱衣

全身を確認し、損傷部位がないかを調べます。

❷消毒・洗浄

全身をスプレーで殺菌し、洗浄、洗髪します。

❸口腔などの殺菌

❹髭剃り

❺顔の処置

口を縫合し、閉じて形を整え、目にアイキャップを挿入し、形を整えるなどして顔を整えます。

❻動脈・静脈の剖出と注入管・排出管の連結

皮膚を小切開し、体表近くの動脈と同部位の静脈を剖出。動脈にエンバ―ミングマシーンに繋がる注入管を連結、静脈には排出管を連結します。

❼防腐前液の注入と血液の排出

❽防腐固定液の注入

メチルアルコール、ホルマリンなどからなる防腐固定液を全身をマッサージしながら全身に行き渡らせるように注入します。この薬剤には色素などが配合され遺体の表情に赤みを与えます。

❾体腔への防腐液の注入

体腔の一部を小切開し、内容物を排出し、防腐液を注入します。

❿切開部の縫合

⓫全身の洗浄

⓬修復

修復を必要とする部位の修復をします。

⓭着衣・化粧

遺族の希望する服を着せ、化粧を施します。

〇その他の遺体処理

「納棺師」「死化粧」などと言われる遺体処理を専門とする業者が出現しています。

病院による死後の処理をより本格的にした処置まで施すことにより、それぞれ評価を高めていますが、遺体を本格的に処置することから、作業を行う人たちに公衆衛生上の教育、廃水の処理などが課題となります。

一般的に葬祭業者が行う遺体処理は次のものです。

1. 搬送後の遺体の乱れを修復する。特に血液や体液の漏出に注意し、ゴム手袋を着用する。

2. 軽く顔などの表面を消毒用アルコールで拭く。

3. 着替えを行うか、上から死装束を被せる。

顔を消毒用アルコールで拭き清めるのに遺族を参加させることもよく行われます。

〇死装束

かつて故人に着せる死装束は、故人とゆかりのある女性の手によって、糸尻を止めずに縫われました。僧や巡礼者の姿になぞらえ、白木綿に経文を記した、明衣、浄衣とも言われる経帷子です。

経帷子を左前に着せ、三角頭巾を額にあて、手甲をつけ、脚絆を巻いて、白足袋に草履を履かせ、六文銭を入れた頭陀袋を首にかけ、杖を手にし、という西方浄土に旅立つ旅姿をとります。

浄土真宗系では冥途の旅を否定しますので、こうした服装はせず、白衣や遺族心づくしの晴れ着を着せます。そして胸に組んだ両手には木製の念珠(数珠)をかけます。

最近では、本格的な経帷子の使用が少しずつ減少する傾向にあります。白衣の上に経帷子をかけるだけとか、あるいは生前好んだドレスやスーツ姿というのも見かけます。

死後硬直が進むとマッサージをしたり、関節を伸ばしたりして硬直を解きながら着せるという技術が必要なため、上から覆うことで済ませることも少なくありません。

〇納棺

湯かんなどの遺体処理、着替え、納棺は一連の作業として行われることが一般的です。納棺は入棺とも言いますが、遺族や親しい人に手伝ってもらって行います。

この際、近親者に任せ葬祭業者は手を出さないところもあります。その際には硬直しているので慎重な取り扱いをアドバイスします。

指輪や装身具は、後から紛失したなどの問題が生じないよう、遺族立ち会いの下で外します。指輪は石鹸水をつけると外しやすくなります。

副葬品については、火葬の際に、

1. 爆発のおそれのあるもの

2. 燃えないもの

3. 遺骨を傷つけるおそれのあるもの

4. 遺骨を着色するおそれのあるもの

は避けることをアドバイスします。

具体的には、ペースメーカー、ガスライターなどの爆発のおそれのあるもの、メガネや酒の瓶などのガラス製品、金属でできた釣り竿やゴルフクラブ、金属製の仏具などです。

また、ゴルフボールは炉の中で回って遺骨を傷つけるおそれがあり、果物などは遺骨に着色するおそれがあり、書籍は燃えにくい、というので注意が必要です。

体中に埋めこまれたペースメーカーは、病院で除去してもらいます。

棺の蓋に個人名、題目などを記すこと、七条袈裟をかけるなどすることがあります。

〇 ドライアイス

エンバ―ミング(遺体衛生保全)した遺体の場合には不要ですが、一般的には腐敗の進行を遅延させるためにドライアイスを入れます。ドライアイスは皮膚に直に載せると皮膚が傷つくため、タオルなどに包みます。

胃や腸の腐敗は早く、腐敗ガスを発生させますから、胸から腹部が中心で、喉元(側頭部)と下腹部がポイントになります。ドライアイスはほとんど直下にしか効かないことを考慮し、また夏場や脳溢血のときなどは量を増やして使用することがあります。

ドライアイスは遺族にとって気持ちのいいものではありませんので、目に触れないように処置し、特に喉元は白いタオルで隠し、布団を掛けて見えないようにします。側頭部は生花などで覆うといいでしょう。

ドライアイスは24時間で交換しますが、その量は10kgが目安です。

シーツは滅菌タイプ、内貼りには防水タイプのものを使用し、消臭剤や表面塗布型またはスプレー型の防腐剤を使用、場合によって併用するとよいでしょう。ドライアイスは二酸化炭素を排出するので、搬送時には車内の換気に注意しましょう。また、出棺の際にはドライアイスを除去します。

斎場などでは冷蔵庫による保管も多くなっています。

〇遺体取り扱いの公衆衛生上の配慮

湯灌、納棺などの遺体処理、取り扱いの際には、安全のための対策を軽視してはなりません。

体液や血液が漏出しているにもかかわらず、素手で作業することが遺体を大切に扱っていることになるという誤った考えは、まだまだ多いようです。しかしこれでは感染するおそれがあります。むしろ衛生上の配慮をきちんとして作業にあたることが専門家として正しいあり方です。

遺体処置にあたっては衛生上白衣の着用が望ましいのですが、少なくとも使い捨てマスク、使い捨てビニール手袋は必ず使用します。目に見えない穴がある可能性があるからです。

取り扱い後にはうがいをし、流水で手をよく洗い、消毒用アルコールで消毒します。

体液や血液を拭いた脱脂綿やタオルなどはビニール袋に入れてもちかえり、焼却するか医療廃棄物として処理します。

〇遺体の変化

死後の遺体の変化(=死体現象)について、以下説明します。(記述にあたっては上野正彦『死体は生きている』『死体は語る』及び石山昱夫『法医学への招待』を参考にしてます。)

➊死斑

心臓が停止して血液の流れが止まると、血管内の血液は下のほうに集まります。上になった部分の皮膚は蒼白になり、下になった部分の皮下の静脈には血液が溜まっていきます。 この溜まった血液の色が皮膚を通して見えるのが死斑です。

死亡後20~30分で点状の斑点が出現し、死亡後2~3時間で斑点が融合します。

死後10時間くらいまでは死斑は固定しませんが、20時間以上経過すると固定します。

❷死後硬直

死後2時間くらい経過すると、筋肉内のグリコーゲンの減少と乳酸の増加に伴ってアデノシン三リン酸(ATP)が減少します。この化学反応のため次第に筋肉が硬化し、関節が動かなくなる現象が死後硬直です。

死後2時間くらいで顎関節に現れ、順次全身の筋肉および、6~8時間で手足の筋肉に明確に認められるようになります。8~10時間くらいまでは、筋肉に力を加えて伸ばすと柔らかくなり、再び硬直を起こします。死後およそ20時間で硬直は最も強くなります。その後は腐敗が強まるため、死後硬直は次第に溶けていきます。

❸腐敗

遺体の腐敗は消化器系である胃や腸から始まります。

死後1時間内外で腸内細菌の増殖が認められます。また、死亡すると胃酸や腸の消化液が胃腸そのものを溶かし、酵素による自家融解を起こします。

腸内細菌の繁殖と胃腸の融解によって腐敗が進行し、腐敗ガスが発生します。この腐敗ガス中に含まれる硫化水素が血液中のヘモグロビンと結合して硫化ヘモグロビンが作られると、腹部が淡青藍色に変色します。この変色が全身に波及し、さらに腐敗ガスが発生すると、全身が膨らんでいきます。

腐敗が進行すると、全身は次第に暗赤褐色に変色し、膨らんだ死体は巨人のような外観を呈します。

さらに腐敗が進行すると乾燥し、体表は黒色に変色し、体の組織は腐敗汁を出して融解し始め、遂には骨が露出されます。

さいたま市 葬儀
ひかり会館での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です