厚葬から薄葬へ

弥生時代には、石柱の上に平らな石を載せてその下に遺体を埋葬した「支石墓」が現れ、また遺体を納める甕棺(かめかん)が使われるようになり、墓の周辺に方形の溝をめぐらす形式の「方形周溝墓」も見られました。

3世紀頃からは円墳、方墳、前方後円墳、前方後方墳、上円下方墳、双方中円墳など古墳が作られるようになります。積石塚と呼ばれる、墓の上に土の代わりに石を積み上げた高塚もありました。

5世紀には応神陵(おうじんりょう)や仁徳陵(じんとくりょう)のような巨大な古墳も作られ、古墳の中には石室が作られました。遺体は棺に納められ、副葬品(人物や動物をかたどった埴輪など)が添えてあります。

古墳文化は3世紀から7世紀まで続き、前期は自然の丘陵や尾根を利用したものが、中期では周囲に濠をめぐらした巨大なものが、後期には小さな古墳が作られたのが特徴です。

古墳など手厚く葬った葬法を「厚葬」と言い、これは有力者、豪族、天皇家といった人々のものでしたが、この厚葬も儒教文化が伝来する6世紀頃から次第に少なくなっていきました。

 

その後の大化の改新で「薄葬令」が出され、「厚葬」が廃されることになります。薄葬令は、「権力者の葬儀に多くの財や労力を費やすことは民衆に過重な負担をかけるのでやめよう」という考えから生まれたものです。薄葬政策はその後もとられ、平安時代にも嵯峨天皇や淳和天皇などが薄葬を遺詔(いしょう)しています。そのため巨大墳墓や拳哀(非嘆の気持ちを表し、礼拝すること)などが姿を消していきました。しかし、泣き女(雇われて葬儀で泣き、非嘆を表す女性)などによる拳哀などは生き残り続けました。

 

『今昔物語』や『八幡愚童訓』には、薄葬令により死体遺棄に近い形であちこちに葬られていた死体を犬などが食べるさまがかかれています。

長い間、墓を作ることができたのは上層階級に限られており、民衆には鎮めなくてはならない霊魂の存在など認められなかったようです。

さいたま市 葬儀
ひかり会館での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です