災害の時、あなたは何が出来ますか?

平成25年9月2日月曜日午後2時過ぎ・・地元越谷で竜巻が発生。

一部の地域で家屋の倒壊や停電、窓ガラスが割れるなどの被害が出る中で、私たちが出来ること、今後準備するべきこと、また災害補償について考えたいと思います。

ep39_01実は代表の西本の実家がこの地域にあり、竜巻の直接の被害は免れたものの、近隣の状況は凄まじいものに!
屋根の補修や瓦礫の撤去などを行うため、ガムテープやろうそくをトラックに積み込み、私たちができるお手伝いをさせていただきました。

ep39_02今回の竜巻はF2クラスといわれています。ダウンバーストの放射状に被害が広がるものと違い、線で引かれたような被害に。防ぎようのない自然災害ではあるものの、起きてしまったら・・・人命救助はもちろんのこと、必要なものはやはり人力なのです!たくさんの方々のご協力、大変感謝いたします!ありがとうございました!

◆補償内容のご確認を・・・
竜巻などは「風災」に分類されます。
火災保険の「風災、ひょう(雹)災、雪災」補償を選択していれば
その被害が補償されますので、今一度ご自分の火災保険内容を見直してみ
てもよいでしょう。
尚、越谷市では今回の竜巻被害相談窓口を設置しているようですので、こちらもお問い合わせ下さいませ。
(持ち物:印鑑、被災状況のわかる写真)
048-964-2111 越谷市役所

◆今後準備するべきこと・・・
異常気象があたりまえになりつつある日本。もし家族や親しい仲間と連絡が取れなくなったとしたら・・・。
そのために、災害が起きた場合の連絡方法をいま一度話し合っておきましょう。大切なつながりの為に。


法要のすすめ

日本では、親族が亡くなった後、様々な周期で繰り返して法要を行い、故人に対する追善の供養を行います。

それぞれの法要はいつ行い、どんな意味を持っているのでしょうか。今回は『忌日法要』について詳しく解説いたします!

【法要とは??】
法要とは、仏になった故人を供養するという意味であり、仏教用語で追善供養ともいいます。
故人を偲び、冥福を営むものであり、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が供養をします。

仏教では法要を行う日が決まっており、死後7日ごとに49日まで行う「忌日法要」と一周忌、三回忌、十三回忌などの「年法要」があります。

ep35_01【七七日法要(四十九日法要)とは?】
亡くなった日からかぞえて、7日ごとを、
「初七日(しょなのか)」、「二七日(ふたなのか)」、
「三七日(みなのか)」、「四七日(よなのか)」、
「五日(いつなのか)」、「六七日(むなのか)」、
「七七日(なななのか)」
と呼び、この7回ごとに故人の供養を行います。

【七七日法要の意味】
仏教では、この7週間は、故人があの世とこの世をさまよっていると言われ、この期間を「中陰」(ちゅういん)と呼びます。

ep35_02故人は、この期間に、あの世で閻魔大王と9人の王から、生前の行いがどうであったのか、裁きを受けることになります。
その裁きの結果によって、次に生まれ変わる世界(来世)が決まるとされています。

来世には、天、人間、修羅(しゅら)、畜生(ちくしょう)、餓鬼(がき)、地獄の6つがあり、この6つ世界は、どこへ行っても煩悩の苦しみがあるといわれています。しかし、それを超越した者が極楽浄土と行けると考えられています。

そのため残された家族は、故人が極楽浄土へ行けるように願いを込めて、裁きを受ける七日ごとに、故人に善を送る追善法要を行います。

【百か日法要】
亡くなってから百日目を「卒哭忌(そっこくき)」といいます。「哭」は泣き叫ぶこと、「卒」は「終わる」という意味で、故人を失って泣き明かしていた家族の悲しみもいえてくるころという意味です。