身近でありながら、知らないことの多い『葬儀』についての素朴な疑問にお答えします。


Q1:
 葬儀会社は信用できますか?
A  : 信用してください。
img_flower葬儀という仕事は、消費者の皆様への情報発信は難しいものですし、皆様も身近には感じづら いものです。
急な訃報により、一度に多くの決断をしなくてはならないご親族様の負担は大変なもので
す。だからこそ非日常の【葬儀】を冷静に判断していただけるのはやはり【事前相談】です。弊社でも、「お葬式セミナー」や「メール見積り」など、24時間365日受け付けております。このような機会を活用して、信用・信頼のおける葬儀社を見つけてください。


Q2: お布施の相場は?
A  : 相場はありません。

img_ofuse菩提寺をお持ちでしたら、その住職さまにご相談されるのが一番ですが、菩提寺をお持ちでない方は、ご紹介もしておりますので、信用のおける葬儀社の社員へ気軽にお聞きいただくのが 一番です。ちなみに、「お布施」とは仏道で「自己の執着を棄てる」という修行のひとつだそうです。

Q3: 無宗教です。宗教色のない葬儀はできる?
A  : もちろん出来ます。
img_free
「音楽葬」「自由葬」など、名称は様々です。通常のご葬儀同様、故人様の遺志や、ご遺族の方のご希望をお聞きしながら施行させていただきます。事前相談というと、抵抗のある方もいらっしゃるとは思いますが、料金やお料理、お花、斎場の様子など具体的に写真を見ながら、丁寧にご説明させていただきます。

Q4: 遠隔地で亡くなった場合はどうすれば?
A  : 大きく分けて二つの選択肢があります。

現地葬儀社にて火葬のみを行い、地元へご遺骨を搬送する方法と、御遺体を棺にお納めし、地 元まで搬送する方法です。搬送時の手続きや搬送手段、金銭面などを考えると、「ご遺体」の搬送より、「ご遺骨」での移動の方がご親族様の負担は少ないかと思います。

 

Q5: 「密葬」と「家族葬」はどうちがうの?
A  : 
一般会葬者があるか、ないかです。
家族葬=基本は親族だけで行い、会葬者は少人数の小規模なご葬儀です。
密葬=親族だけで行い、通常一般の方にはお知らせしません。

Q5: お墓を引越すことはできる?
A  : 引越しは可能です。
img_iten
引越すことは、法的に手続きさえすれば可能です。
現管理事務所から埋葬証明書をもらい、役所に提出し、申請が下りたら新しい墓地の管理者へ 書類を提出します。その他にも墓地を更地にすることや、「閉眼供養」、「開眼供養」(仏教
の場合)、菩提寺からの引越しならお布施が必要になってきます。
何度も新旧の場所を行き来しますので根気がいります。尚、墓石の移動に関しては、各霊園に より規定がありますので、あらかじめ確認が必要です。

 


葬儀後の手続きいろいろ・・・

葬儀も滞りなく終了し、ご遺族の皆様は安堵され、大切なご家族を失っ た悲しみに浸る間もなく、実は遺品の整理や支払いなど、まだまだやるべきことが残っています。中でも最も重要な手続きが自治体、金融機関など公的機関への手続きです。今回はその方法や注意点などをご紹介したいと思います。

【葬祭費受給手続きについて】
市・町・村から、葬祭費(埋葬料)の補助金が支払われることをご存知でしょうか?

(1)国民健康保険加入者が死亡=死亡した方の保険証・申請者の印鑑 ・振込みの場合を考え金融機関の口座番号を控えるなどして、所轄の市町村の「国民健康保険課」まで申請します。

(2)社会保険の加入者が死亡=勤務先の事業主による証明書・死亡を証明する書類(死亡診断書、または埋葬許可証)・印鑑・保険証を所轄の社会保険事務所へ申請します。(約1ヶ月分給与と同額が支払われるそうです)

(3)社会保険加入者の扶養家族が死亡=社会保険加入者の場合と同じ手続きをします。何れも、勤務先企業で代行してくれるケースもありますのでご相談することをお勧めします。(埋葬費に関しては一律10万円です)

【保険・年金の諸手続きについて】
故人の保険・年金に関する支払い手続きはお早めに。

(1)厚生年金に加入されていた場合=故人の扶養家族様に『遺族年金 』として支払われます。保険証書・または厚生年金手帳、印鑑、戸籍謄本、死亡診断書を用意し、所轄の社会保険事務所で手続きします。
勤務中であれば手続き代行も可能です。勤務中・退職関わらず、支払い請求は死亡後5年以内で行います。

(2)共済年金の場合=故人が公務員、教員などの共済組合に加入して いた時は、『遺族共済年金』が支払われます。手続きは故人の勤務先に依頼すれば、必要書類等も教えてもらえます。

【財産の名義変更について】
故人の遺産(マイナス遺産も含む)を相続することになったら、引き継 ぐ財産の名義を全て変更します。

《名義変更が必要なもの》
●電気・ガス・上下水道・電話・住居・自動車類
●預貯金・有価証券
●不動産関連
●事業継承者手続きや許認可関連

《必要書類》
●遺産分割協議書、または相続人全員の同意書
●印鑑証明書、戸籍謄本

《手数料や税金のかかる手続き》
●不動産、株式、自動車等

《手続き先》
●不動産・農地山林=地方法務局
●自動車=陸運事務局
●免許証・保険証=もよりの警察署や社会保険事務所

幕府や政府の思惑により、人々の葬儀スタイルは様々に変化してきました。厚薄あっても、死者を丁重に扱う日本人の心は変わっていないのですね。
私達は歴史を振り返り、ご遺族様の意向に沿った新しいスタイルの葬儀を進めていきたいと思っております。


知ってますか?    ・・・葬儀費用のこと・・・

~葬儀費用編~

全国平均では・・・231万円
弊社平均ですと・・・80~110万円

残されたものにとって、重くのしかかってくる葬儀費用。大切な方が亡くなった悲しみの中で、冷静に対応していかなければならない重大且つ最大の内容です。どのような葬儀にするか、本人の希望を盛込みながら、また、お世話になった方々への感謝の気持ちも表す意味で、費用を抑えながらも心に残る葬儀をしたい・・・そうお考えのご遺族も多いはず。

もちろん、費用をかければ体裁だけはそれなりの葬儀になりますが、はっきりと費用提示しなかったり、その時によって大きく費用を変えている業者もいまだにいるのが現状です。
弊社では、『抑えられる費用は抑えた、心温まる葬儀』の実現を目指して、皆様にご提案しています。

葬儀費用には、以下のようなものがあります。
①通夜・告別式典費用
祭壇、棺、位牌、遺影、骨壷、焼香用具一式、お供物、ドライアイス、事務用品、式場・待合室料、司会、霊柩車、諸手続き、その他式典にかかる基本料金

②お料理費用
葬儀2日間分のお料理

③返礼品代
500円~5000円と幅がありますが、ご希望の品をお選びいただけます。

④お寺様へのお布施代

※以下の費用は含まれておりません。
・祭壇横のご供花・・・・・通常頂くものになります。
・2日間分のお飲物代・・・その時により大きく変動するため。

全国平均費用から弊社平均費用を見る限り、ただ表面上 の費用を抑えているだけでは?後に追加でかかるのでは ?との疑問が出てくるかもしれません。弊社では、費用に関する疑問や不安を取り除くために、相談 または見積もりの段階で誓約書を提示しています。大幅 な人数変更が無い限り、基本的には最初にお打合せした 費用から変更されることはありません。そうでなければ 、気持ちよくご葬儀を執り行うことが出来ないからです 。
そのために、弊社では生前のお見積もりをお勧めしてい ます。必要な費用がどういうものか把握するためにも、 是非一度お気軽にお問い合わせ下さいませ。安心の事前契約や会員制もしいておりま す。もう葬儀は、葬儀社だけのものではありません。皆様で 作り上げるものなのです。

◆よい葬儀社の選び方・・・
① 電話での対応や説明が丁寧で分かり易い。
② 費用が明瞭
③ 契約を急がせない。
④ 明確な事前見積りがある。
⑤ 親身になり相談にのってくれる人柄の良い担当がいる 。